もう糖尿に罹ってしまった後の食事


昨日は糖尿病で治療している女性Tさん(60代)の相談。2回目!に行ってきました。
ご主人とお友達もご一緒に♪


ちょうど昨日は
間欠的ファスティング出版イベントで、
鈴木 功先生と吉富信長先生のお話を聞いたところだったのです。


超理系的でムチャムチャわかりやすい話の中で、何度も何度も
・黒白つけないこと(極端にしない)
・これが良いっ!て決めつけないこと
・治療食と予防食は違う
って理系と真逆の展開でお話していたのがすごく面白かったっ!!
だけど、本当に心から同意するお話ばかりでした♡


どんな食事法でも極端っていうのはかなりリスキーだなぁというのは私自身も感じているから。


でも、そんな話に同意しながらも昨日は久々に割と極端な糖質制限のお話をお届け♪(笑)

なぜならば治療食だから!
治療食と予防食の違いはこの極端さの度合いの違いかもしれないですね。

今まで考えたことなかったけど、以前からダイエット目的の方と治療目的の方では取り組んでもらう度合いを変えてもらってましたしね。。。


でもダイエット目的だったとしても治療目的だったとしても、

私のところに相談に来てくれた人達を私は本当に尊敬してる。


なぜって

どの人も、実行!実践!する人達だから♪

自分の口で「こうする」って言ったことをしっかり守るってすごい

口で「やる!」って言ったり、「やろう」と思う、
言う、思う、ことと
実際に「やる」ことでは1万倍どころか
比べられないほどの差があるよね。


それを実感してるので、実際に行動に移せる人って素晴らしいし大好き♪

私の周りはそんな人達が多いなぁ、、、一番甘いのは私だわ(笑)


今回ご相談受けてる方も
自分に甘い~って言いながらもしっかり実践スタート!♪


なにはなくともとりあえずはーー

食べ物って言えば糖質!状態からの離脱!!
ここからゴー♪♪ですね


28276787_1978091212263886_8113699648875585982_n.jpg28467808_1978091218930552_2643797684023702064_n.jpg

この記事へのコメント