インスリン使い分け(持効型編)

こんばんわ!
糖尿病断薬コンサルタントの実絵です♪


さて、今回はインスリンについて♪
これはリブレ(持続型血糖測定器)をつけたからわかった結果ではなくて
前から気づいていたことね。

2型の糖尿病の方は遠い、、
踏み込みたくない世界かもしれないけど
なかなか楽しいのよ♪(笑)
1型さん&インスリン使用者さん向けですね♡


さて、
インスリンには持効型と速攻型がありますわね。
昔のインスリンは持効型って言っても
6時間目くらいにピークがあったから
ホントに!!
ホント――――に!!
よく夜中に低血糖を起こしたものだわ~~
(自分はさておき一緒に暮らしてる相手に多大に迷惑をかけたなぁ)


今の持効型のスバラしさを声を
特大にして!!!
叫びたい欲求にたまにかられます!!
(やったら頭がおかしい人だけど)

今の持効型のおかげで実絵は低血糖率が激減したからねぇ。。


まぁ前置きは良いとして
持効型って今だと多分主流はこの3つ

・ランタス
・レベミル
・トレシーバ
2492416A1033_003.jpgimage_solostar jpg.jpgダウンロード (1).jpgd6756-1-144228-0.jpg
インスリンにはどのインスリンにも
フレックス(一体型)とカート(液のみ)があって中身は一緒。
ちなみに私はカート型を愛用してます♪

なぜならカート型の方が安いから!
一般的に主流なのはフレックスですね~


さて!!!
違いをサクッといきます!

ランタスは24時間かなり一定横ばいで効く!
レベミルも24時間効く!
でも19時間目くらいから少し尻すぼみになる感じ
トレシーバーはぶっちゃけ48時間以上効く!

これどれが良い!
ってなかなか言いにくい。。。

自前のインスリンが少しは出てる、
とか男性!だったら
トレシーバが良いのかもしれない
私も一度使ったことあります。

で私はやめた(笑)

なぜならば~~~~~
私も一応女子なので
女の子の周期があるのです♡

んで、私は排卵期とか生理の周期で
結構基礎インスリン量が変わるの!

トレシーバは量を変えても3日間くらい
影響、効果がわからないので
私にとってはそれじゃあ辛かったのね。

で、今まではレベミル使用者だったけど
ランタスに切り替えました♪♪
なんとなーーーーく尻すぼみが効果が切れるより
バッチリ24時間効いてほしいなぁと思って。

あっ!!
ちなみに実絵は、持効型でも1日2回打ってます♪
その方が切れちゃう時間がないからね~
そんでもって、打つ量の調整は
食事をずっととっていない状態で!
血糖が1時間当たり30mg/dl以上変動するようなら
1単位変えるって感じらしいです。
どうしてもなんとなく~~~で調整しちゃうことが
多いんですけどねぇ(笑)



あと!
インスリンのカート型を使っている珍しい方!!

カート型って2種類、太いのと細いのがあるって知ってました??

こんな感じの違いで、もはや判らない太さの違い
IMG_4372.HEIC.jpg

恥ずかしながら実絵は今回初めて知りまして、、、
レベミルからランタスに変更をお願いしたところまではよかったものの、、、

もらったインスリンのカートの太さが太くて
インスリンの本体に入らない!!!!

使えない!!!
ご飯食えん!
キャー―――っっっ!!!!

みたいなことになってました。。。。

インスリンをカートでもらってる人が種類変更する時は注意!!
ですね♪
宗田先生!何度も対応ありがとうございましたっっ!!!
もうっ!猛烈感謝です!!(絶対めんどくさかったと思うなぁ)



この記事へのコメント